コンピテンシー

1760現在のオンライン
83今日の読書
28今日のシェア
多言語ディスプレイ

グルメリストです

2018-04-09 12:48:54

計画が来て、実はいくつかの決心と別の感情を抱くのです。大部分の東北の人は目に見えて、省は州を除いて更に他の地区はどんな独特で、魅力的な風味の地方の飲食がありませんでした。省都である都市は、このように食事の面では取るに足らない都市になりました。でも、そのまま捨てたり、1日だけ計画したりするのは、なんだか気が引けます。考えてみれば、自慢の料理がなくても、東北風の料理の権威が集中している場所ではないでしょうか。二日間、あなたの街を歩き回った甲斐があったと思います。

方法/手順です
1

雪衣豆沙雪衣豆沙は東北料理の中の吉菜の枝に属して、省で最もよく見て、1品の老いも若きも塩味がよくて、独特な甘味甘味です。作り方はあん玉に卵白をつけて熱した油で揚げ、油を切って器に盛り、グラニュー糖をかけるだけです。よろこばれた雪衣あんの表皮は魅力的な黄金色を呈するべきで、生地はふんわりしています。ふんわりとした生地はタルトのような食感ですが、タルトの食感よりも濃密な食感に続き、あんのモチモチ感と濃厚な甘みで、蜜をたっぷり含んだつぼみが口の中で弾けていくようです。このようなシンプルでありながら、経験豊富な東北のスイーツが、地方の東北料理店ではほとんど見られないというのは、とても残念なことです。

2

東北は大きい皮を引っ張ってまた東北の大きい皮を引っ張って、五色の大きい皮を引っ張って、全体の東北地区の最も最も人気があってちやほやする涼菜の1つです。ラピは何か不思議な食べ物ではなく、イモ類のデンプンで作った粉皮で、口当たりは滑らかで綿が強いです。この冷菜を作る時、幅に切った皮、きゅうり、絹ごし豆腐、切り干し大根などを皿に入れ、麻醬、ごま油、ニンニク、酢、塩などの調味料を加えます。麻醬の香りがメインで、甘酸っぱい味が楽しめます。そこにラザニアと具材の豊かな味わいが加わり、すぐに手が離せなくなり、ご飯としても食べられる東北名物の冷菜に仕上がっています。

3

鼎豊真鼎豊真市有数の老舗の一つで、100年以上続いています。主に各種の洋菓子を販売しています。今日に至るまで、市民に高く評価されている飲食ブランドです。門をくぐりますと、北でよく目にするお菓子のほとんどが、庶民にやさしい値段で売られています。変化の激しいこの100年間、質の高いものを作り続け、モノづくりに専念するという姿勢を持ち続けられるとは、とても思えません。ここには穴がなく、ここにも雑踏がありません。もしあなたが来る机会があれば、その中を探してみてください。きっとお気に入りの甘い味を見つけることができると信じています。

4

回宝珍回宝珍饺子館は百年近く続いている老舗レストランで、ハラル料理で、牛ひき肉を中心に饺子を販売しています。牛肉フェンネル饺子は北方でよく見られる饺子で、回宝珍で最も人気のある餡でもあります。皮が薄く餡がいっぱいの大きい饺子はとてもまじめです。豚ひき肉が絶対的な東北では、牛ひき肉の餃子に切り替えてもいいかもしれません。また、「回宝珍」には東北料理を改良した牛肉を使った料理もたくさんありますので、こちらも試してみてください。街づくり、インフラの面で、すでにかなり遅れている街であることは間違いありませんし、見るからに明らかです。しかし、食べ物に関しては、世間一般に言われているような取り柄のないものではありません。特に非東三省人にとっては、ここに来てもハイサイを食べ放題です。

5

酸菜白肉血腸酸菜白肉血腸はまた水炊きと言うことができて、つまり鼎の東北の豚を殺して菜(広義の上の豚を殺して菜のは年越しの豚を殺した後に全豚の作ったすべてのおかずを使って、狭義の豚を殺して菜は酸菜白肉血腸)です。製造過程は極めて簡単で、東北酸菜、三枚肉、血腸の切り身を鍋に入れて煮込むだけです。豚バラ肉は脂身と脂身が混じり合い、食感も豊かで、脂身も飽きません。血の腸は1層の脆い強靱な腸衣を除いて、よく見る豚の血の食感と同じではありませんて、その製作の時豚の血を腸衣の中に入れて直接煮ているため、血は長い時間かたまりがなくて、そのためより通常の豚の血は粉の柔らかいかすの食感があります。この東北ザワークラウトに至っては、最も本格的なのは東北の各家庭が冬季に作ったり仕入れたりする白菜のザワークラウトで、旬の製品に属して、今東北地区で食べることができるザワークラウトは大部分包菜、人形菜などで、ちょっと残念です。

6

一鍋一鍋は典型的な東北式料理の「大きくて全部」の特徴の代表で、別名は農家の一鍋で出して、その草の根から、田舎からの庶民の気を体現して、極めてご飯の進む料理です。「一鍋出し」の名は、料理と主食がすべて一鍋になっているという特徴に由来します。锅に煮て、カルビ、トウモロコシ、まめなど、锅烀ながら、トウモロコシは饼は料理の蒸して柔らかく赤らんで味をつけ、饼も、吸収した料理の気で味を多様になった。肉をがぶりと食べ、おかずをがぶりと食べ、餅をがぶりと食べ、すべてがこの鍋の中に入っているのです。私は思う、最も良い鍋はまだ田野の間にあるでしょう。全然想像、かまどでの大鉄锅の盖で、明らかにその熱い湯気と滋とかの音に、私を流し多少唾液にさせる。

7

串焼きは昔から聞いていますが、東北人が串焼きを食べるのは五十本、百本で、三五七八本ということはありません。それ以来、東北に来て「一人百本」をやってみようというのは、一人の食通のささやかな思いになっていましたが、これがオチなのかどうかはわかりませんが、目の前の空皿に百本の肉が置かれたときの私の心は、やはりどきりとしました。串をつかんで、その確かな肉をかじると、まるで一瞬にして「自分の世界で生きている」というスイッチがオンになったかのようです。この想いはついに想いではなくなり、私はこれからどんなに遠くへ行っても、東北に帰ってきてもう一回、もう一回しごきたいという思いになりました。人生一本じゃなくて、一人百本が欲しいんです。

8

炒め粉何か特徴的な食べ物があるとすれば、出すことができるのは炒め粉だけでしょう。粉物とは、米粉や粉物ではなく、でんぷん(主にコーンスターチ)を鍋に入れて、くたくたになるほど炒めたものです。食べる時は炒め粉を出し、ごまだれ、酢、ニンニク、ラー油などを合わせた汁をかけるだけです。Qぷんぷんした粉と酸っぱくてしょっぱい香りのする汁は一瞬で味蕾を目覚めさせ、一度食べると忘れられません。市の軽食である炒粉や地域の軽食である蒸らし子は炒粉と本質的には似ていますが、粉の処理の仕方や味付けが大きく異なり、それぞれに特色があります。

9

宏宝萊宏宝萊県は有名な飲料ブランドで、その製品は県と周辺地域で非常に高い市場シェアを持っています。様々なレストランで食事をしますが、ビール、コーラ、スプライトなどを除いて、最も一般的な飲み物はホンボレです。その中でも、白いホンボレは甘酸っぱいホンボレの定番で、ピーナッツジュースや生ジュースなど、他にも飲むことができます。周辺地域に来たら、「飲む」ということはホンボレに任せてみてはいかがでしょうか?私を信じて、失望しません。

10

マクワウリは東北地方全体に分布している、非常に東北の特色の果物です。今はマクワウリが大量に出回る季節なので、あまり探す必要はありません。次の角にマクワウリを売る行商人がいるかもしれません。東北マクワウリの特徴の一つは香りで、1 ~ 2メートルの間から果実の香りが漂ってきます。「八里香」「十里香」という品種もあるそうです。柔らかいのも特徴で、本場の東北人はマクワウリを手で割って食べます。もしあなたが街頭で極めて不規則な形のマクワウリを食べている人を見たら、疑う必要はありません、多分東北人で、多分素手で割ったのです。

11

2日で終わりましたここの食べ物はもちろんそれだけではありません。すべての東北の食べ物がここで簡単に手に入ります。その上、あの食べ物と食べ物を持っています。他の人にどう思われても、私の人生の最初の100本はmeiringでした。これだけでも一生覚えられます。

推奨情報