コンピテンシー

210現在のオンライン
83今日の読書
28今日のシェア
多言語ディスプレイ

どうやって日本で働くのですか?

2018-04-08 11:12:16

どうやって日本に行って仕事をしますか?少なくとも日本就労ビザを取得する必要がありますよ!

工具/原料です
1

関連資料です

2

現金です

方法/手順です
1

一般的には短期観光ビザで日本に入国し、90日まで滞在します。日本で働きたいのであれば就労ビザを申請しなければなりません

2

「在留資格」と聞いたことがあるかもしれませんが、日本のビザのことです。ビザを申請する前に、当局に「在留資格認定証明書」を申請します。

3

日本は現在、感染拡大の影響を受けており、当局の最新措置に基づき、すべての国・地域からの新規入国の申請を停止しています。

4

ビザの受付や受け取りの手続きは「日本ビザ申請」(JVAC)が行います。申請者は事前に予約し、直接出向いて必要な書類を提出しなければなりません。ファックスや電子による申請は受け付けていません。ただし、申請者の承認を得て、関系証明書を提示する場合には、成人した同居家族が申請書に署名して代行することもあります。「留学」や「特定活働」といった特殊な在留資格を持っている人であれば、就労ビザの申請要件を満たせば「就業・長期滞在」に変更できます。多くの場合、外国人が短期ビザで日本に入国した後、他の在留資格に変更することは認められていません。

5

2012年に導入された「Highly Skilled Professional Visa」は、5年間の「高度人材(1号)ビザ」をポイント制で発行し、高度な技術を持った人材を日本に移住させるものです。これらのビザを持っていると、滞在中に様々な活働をすることができる、複数の「在留資格」にまたがる活働が可能になります。一定の条件を満たせば、配偶者や両親、さらには日本で家政婦を雇うこともできます。ビザには1号と2号があり、該当する人はまず1号のビザを取得して、日本でハイテクな仕事に従事し、3年後には「高度人材(2号)ビザ」となり、無期限で日本に滞在することができます。つまり永住権です。通常は、日本に10年以上滞在しなければ永住申請ができませんが、高度人材ビザは3年、さらには1年(80ポイント以上)に短縮されます。

6

「高度人材(1号)ビザ」はさらに3種類(a、b、c)に分けられ、以下はこのビザに関する重要な情報です:高度専門職1号イ(a):学術研究への参加・研究プロジェクトの監督・指導高度専門職1号ロ(b):専門/技術活働への参加自然科学または人文科学系の専門技能/知識を必要とする活働高度専門職1号バハ(c):商業と理活働を直接理または監督する理

7

得点制:学歴、仕事・研究経験、年収、年齢、語学力などで採点し、最低70点を取得する必要があります。学歴:修士以上(日本での学歴は追加でプラス)仕事・研究経験:3年以上(専門資格を持っている場合は追加でプラス)年収:年齢やビザの種類(a/b/c)にもよりますが、最低400万円。年齢:39歳以下日本語能力:N1試験合格者です。

8

必要書類:高度人材(1号a/b/c)用「在留資格認定証明書」点数表及び関連書類です。

9

就労ビザ(Working Visa)一般的な就労ビザ(「就労ビザ」とも呼ばれます)は10種類以上に細分され、従事可能な仕事によって、「在留資格認定証明書」の申請時にすでに定められており、滞在期間中にその特定の活働に従事することができます。転職などで活動範囲が変わる場合は、「在留資格変更許可申請」を行います。

10

就労ビザを申請する前に、あなたはまず日本で仕事を見つけて、日本と雇用契約を締結しました。また、ビザの申請に必要な書類を用意する用意があることを確認します。契約書とすべての書類を準備したら、正式にビザを申請することができます。外国にいるあなたが、代理でお申し込みする必要があるかもしれません。また、就労以外でもビザの申請は可能です。あなたの仕事内容は専門性があり、学歴や職歴に関系するものでなければなりません。もしあなたは日本でプログラマーの仕事をするならば、あなたはIT関連の学位を持っている必要があります、または10年以上のプログラマーの仕事の経験。文系卒業で未経験の場合、ビザの取得が難しくなります。②関連書類の準備をしてからビザ申請手続きができます。各種書類の準備が必要ですが、卒業証書や履歴書などの準備も必要です。就労ビザの申請に必要な基本書類については後段でご説明します。書類を用意したら、正式にビザを申請することができます。日本にいる場合は、最寄りの入国管理局で在留資格変更許可を申請することができます。海外にいらっしゃる場合は、まず在留資格認定証明書を代理取得してから、日本大使館や領事館に認証申請をすることができます。就労ビザが発給され次第、在留カード(在留カード)が発給されます。在留資格の変更を申請するには、入国管理局で在留カードを受け取る必要があります。まだ海外にいる方は日本入国時に入国管理官から在留カードを取得します。在留資格認定証明書が失効する前に日本に入国しなければなりませんのでご注意ください。証明書の期限は3ヶ月しかありません。失効するとビザは無効になります。在留カードを取得した後、あなたは指示に従って日本で仕事を始めることができます。

11

必要書類「就業・長期滞在」(就労ビザ)の申請に必要な書類は以下の通りです。ビザ申請書(写真付き)有効な旅券短期ビジネス一次ビザ申請理由書(現地日系企業の担当者が作成)滞在スケジュール書(現地日系企業の担当者が作成)所属企業が発行する在職証明書戸籍簿の写し(すべてのページを含む)所属企業の営業許可証仮居住証または居住証の写し表裏のコピー(戸籍が当館管内外にある方の提出)身分証明書のコピー(原本の提出が必要です)日系企業商工会が発行した会員証明書または会員名簿(当ページ)のコピー

12

日本就労ビザの申請はどのくらい待ちますか?ビザ申請の審査期間は1周間程度ですが、時間を取って補足書類を提出し、代表者に日本で「在留資格認定証明書」を申請してもらいます。そのため、就労ビザの場合、証明書の申請からビザの取得までに約2か月かかります。証明書の有効期間は3ヶ月です。この期間内にビザを取得し、日本に入国しなければなりません。入国後、在留カードを取得することができます。

13

日本就労ビザ費用費用(現金のみ)「在留資格認定証明書」申請料-無料渡日査証料-一回出入:人民元200元渡日査証料-復数回出入:人民元400元ビザ申請サービス料具体的には各代行机関に問い合わせてください

14

日本就労ビザ期間高度専門ビザ1号最長5年就労ビザ(パフォーマー)最長3年就労ビザ(指定技術者)最長3年一般就労ビザ最長5年

注意事項です
1

就労ビザを申請したら、日本で家を借りたり、家を買うなどの準備をしなければなりません。

2

外では安全に気をつけます

推奨情報