コンピテンシー

359現在のオンライン
83今日の読書
28今日のシェア
多言語ディスプレイ

どう書けばいいんですか

2018-04-09 11:12:54

これから私がこれまで学んできたことを踏まえて、書くためにはどんなテクニックが必要なのかを皆さんにお伝えしていきたいと思います。

工具/原料です

コンピュータとインターネットです

方法/手順です
1

文字は140字の容量で、より洗練されたものにする必要があります。高度に洗練された一文が多く、リツイートも多く、シンプルな一文の裏には多くのファンの議論の場が広がっています。図の例です

2

言語のスタイルは通俗言語のスタイルはできるだけ草の根文化の血を引くようにして、流行語に精通して、できるだけ伝統的な媒体の方式で書かないようにします。

3

気持ちは真摯に自分を感動させてこそ、多くの人を動かすことができるのです。

4

疑問や攻撃を受けることはよくあることですが、そんなときは攻撃したり罵倒したりするのではなく、自分への疑問を解消する懐の深さとエンターテインメント精神を持ちましょう。

5

上手に物語を話して漫才をするようにしなければならなくて、上手に荷物をふるうことができます。という人は、140字で二転三転の物語を書いています。サスペンスや笑いは最後まで残しますが、破れかければ、読み終わった後、想像と討論の余地を残します。

6

適度にホットスポットを合わせると毎日ホットスポット、色々な体が湧いてきます。ホットスポットとうまく絡めば、そのホットスポットの「熱さ」によって、自分の露出や注目度を高めることができます。

7

疑問文を多用するのは、文章を見せる場ではなく、話題を発信する場なので、フォロワーのリツイートや議論を促すためです。

8

画像を上手に使う草の根サイズは、画像を使うのが上手で、一言添えると、フォロワーがどんどんリツイートしてくれます。

9

さすがに長さ140では奥行きがありませんが、長さや画像などのツールを使うことで、ページから離れずにすべての文を見ることができ、拡散率が高くなります。

10

ユーザーにコンテンツを作らせるファンの創造性を刺激し、ファンにコンテンツを作らせることができれば、あなたのコンテンツは圧倒的に魅力的になります。

注意事項です

文章はその人の状況に応じて、適切なテクニックを組み合わせて使います。

推奨情報