コンピテンシー

272現在のオンライン
83今日の読書
28今日のシェア
多言語ディスプレイ

特殊効果と視覚効果です

2018-04-08 12:48:07

特殊効果(special effects)とは、撮影段階で人をワイヤーにぶら下げて、飛んだり浮いたりする効果です。大量の特殊効果が必要な場合は、特殊効果コーディネーター(special effects coordinator)が待機します。火が特殊効果の一部であれば、花火技術者(pyro technician)がその任務を遂行しなければなりません。ほとんどの映画の特殊効果はコンピュータを使って作られますが(第12章参照)、視覚効果(visual effects)と呼ばれ、撮影現場での特殊効果と区別されます。視覚効果監督(visual effects supervisor)が視覚効果監督(visual effects editor)を監督して、コンピュータ化された映像を作ることもあります。人間の動きをキャプチャーしてコンピュータに入力してキャラクターをアニメーションさせる特殊効果など、よりエキサイティングなエフェクトを作るための新しい方法が近年続々と開発されています。モーションキャプチャーと呼ばれるこの新しい技術は、モーションキャプチャー写真家やモーションキャプチャーアーティストなどの新しい職業をもたらします。視覚効果の中には細分化できるものもあります。タイトルデザイナー(title desinger)はオープニングとエンディングのスタッフリストを製作することを担当します;マットアーティストが背景を描きます3-Dコンピュータの立体の描画師(3-D computer artist)は物体を創造します;グラフィックデザイナーがスタッフリストやその他のエフェクトを作成します。コンピュータがこれらの視覚効果を実行しようとするとき、ソフトウェアエンジニア(software engineer)が事前にチェックプログラムを校正したり、コンピュータシステムエンジニア(computer system engineer)がコンピュータが突然フリーズするのを防いだりします。特殊効果の中には模型やミニチュアを使ったものもあります高速道路を駆け下りる車の中には実際の人間が登場しますが、車が崖を転げ落ちるシーンにはミニチュアカーと崖の模型が使われています。ミニチュアデザイナーは崖が高速道路の一部のように見えるようにしなければなりませんモデラーは崖や車を作ります1本の映画には様々な特殊効果があります。舞台上にあるものもあれば、模型を使ったものもあり、コンピュータ上で作られたものもあります。これらの効果が完璧に結びついていて、信頼できる現場感を持っていなければならないので、このタスクには効果合成の監視(compositing supervisor)が必要になることもあります。

推奨情報